プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2018年

2018年1月17日
ハッピー・カレー・デー!1月22日はカレーの日。
カレーを使った簡単オーブン料理。カリフォルニアのおコメ「カルローズ」のハッピーイベントレシピ

カレーの日オーブン料理

カリフォルニア生まれの新感覚ライス「カルローズ」のPR・販促活動を展開するUSAライス連合会日本代表事務所が提案する、季節の行事やイベントに合わせたおコメ料理のレシピ“ハッピーイベントレシピ”。

1月のレシピは、1月22日の「カレーの日」にちなんで、カレーのレシピを紹介します。1982年(昭和57年)1月22日、社団法人 全国学校栄養士協議会がこの日の給食メニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたそうです。

カルローズのサラッとした軽い食感がカレーと好相性と、カルローズを使っているカレー店のシェフも注目。また、当連合会のホームページでは、500以上のカレーレシピを掲載しています。
/recipe/curry/index.html

今回のレシピは、オーブンを使ったカレー料理2品です(レシピではレトルトを使用することになっていますが、おうちのカレーが残ったときにもお試しいただけます)。
レシピ開発はカルローズのメニュー開発を長年手掛けて頂いている青島邦彰氏。

 

【クワトロチーズフォンデュ焼カレー】 【カルローズと茄子のミルフィーユカレーグラタン】
→詳しいレシピはこちらから →詳しいレシピはこちらから
クワトロチーズフォンデュ焼カレー カルローズと茄子のミルフィーユカレーグラタン

 

青島邦彰氏のプロフィール
株式会社クーニーズ・アソシエ 代表取締役社長。国内外の飲食店のメニュー開発から店づくりまでを手掛ける。
1990年フランス料理の料理人としての仕事についた後、ブライダルなどのフードプロデュースや出向シェフとして参加。1997年 (株)サンライズ・ジャパン レストラン事業部 トータルプロデューサーとして、 newsDELI表参道店、恵比寿店などを大ヒットさせた。

 

【「カルローズ」ハッピーイベントレシピ】
 ■第1弾: 春の行楽に持っていきたい「ビーツとベーコンのスティック春巻き」 (神藤千穂さん考案)
 ■第2弾: 子供の日に作りたい「カルローズのこいのぼりちらし寿司」 (神藤千穂さん考案)
 ■第3弾: 雨の日にお子さまとおうちで作る「カルローズ米のライスプティング」 (アミア ミラーさん考案)
 ■第4弾: 七夕に作りたい「冷製トマトスープカルローズ~七夕仕立て~」 (神藤千穂さん考案)
 ■第5弾: 8月31日の野菜の日にヘルシーな「大豆そぼろのガパオ風サラダごはん」 (中原美香子さん考案)
 ■第6弾: 秋の行楽弁当に「カルローズを使った【カレーポテトのミニおにぎり】」 (中原美香子さん考案)
 ■第7弾: ハロウィンパーティーに「かぼちゃのミルクリゾット」 (女子栄養大学開発)
 ■第8弾: ボジョレーヌーボーと一緒に食べたい「パクチーとオリーブの一口カルローズボール」 (澤田美奈さん考案)
 ■第9弾: クリスマスのパーティに「チキンソテー&ナッツベリー サラダボウル」「アーモンドミルクのライスプディング」 (ヤミーさん考案)
 ■第10弾: カレーを使った簡単オーブン料理「クワトロチーズフォンデュ焼カレー」 「カルローズと茄子のミルフィーユカレーグラタン」(青島邦彰さん考案)

 

■カルローズとは?
カルローズパッケージ
カルローズはカリフォルニアのバラという意味の名前を持つ、カリフォルニア州オリジナルの中粒種です。
日本のおコメである短粒種とタイ米等で知られる長粒種の中間にあたり、双方の優れた点を持ち合わせ、軽い食感とアルデンテとも言える歯ごたえと、冷たくしても美味しいのが特長です。
カルローズについて詳しくはこちら
カルローズが買えるお店カルローズメニューが楽しめるお店

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る