地中海風押し寿司

地中海風押し寿司

原 千里さん(十文字学園女子大学人間生活学部 食物栄養学科)考案の、カルローズを使ったニュースタイル“SUSHI”です。
第6回「カルローズ」料理コンテスト2018 学生部門の優秀賞レシピです。

材料分量:2人分

いわしのマリネ

  • いわし(刺身用に3枚におろしたもの)3尾

  • 6g(小さじ1)

  • レモン(輪切り)3枚

  • [A]オリーブ油24g(大さじ2)

  • [A]白ワインビネガー15g(大さじ1)

リゾット

  • 有頭えび(ブラックタイガー) 5尾

  • あさり(砂抜き済みのもの)15個(100g)

  • 玉ねぎ50g(1/4玉)

  • にんじん50g

  • にんにく3片

  • 5g

  • トマト缶(カット)150g

  • オリーブ油50g

  • カルローズ1.5合

  • 750g

  • レモン果汁30g(大さじ2)

飾り

  • レモン(輪切り)3切れ

  • イタリアンパセリ約1g

  • パセリ約2g

作り方

いわしのマリネ

  • 1.

    いわしに塩をふり5分おく。

  • 2.

    水分を拭きとり、バットに並べる。[A]を合わせ回しかける。レモンをのせてラップを密着させるようにかけ、冷蔵庫で30分以上なじませる。

リゾット

  • 1.

    玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにする。

  • 2.

    フライパンにオリーブ油を入れる。にんにくを入れ香りが出たら、玉ねぎとにんじんを加え、玉ねぎが透明になるまで炒める。次にトマト缶を入れ、水分がなくなるまで中火で煮詰める。

  • 3.

    有頭えび、あさり、水、塩を入れて強火にする。ひと煮立ちしたら魚介を取り出す(えびは頭を押してみそを出すのがポイント)。

  • 4.

    カルローズを入れ、最初の5分は強火で、残りの15分は弱火で炊く。米が硬いようであれば鍋にふたをしてやわらかくなるまで蒸らす。その後、レモン果汁を加え、さっくり混ぜる。

  • 5.

    長方形の型(今回は14㎝×8㎝)にラップをしき、いわしのマリネをしきつめる。冷ましたリゾットを詰めて皿にひっくり返す。同じくもう一つ作る。

  • 6.

    上にイタリアンパセリ、マリネしたレモンを飾る。皿の周りは好みでレモンやパセリ、取り出したえびやあさりを散りばめる。

第6回「カルローズ」料理コンテスト2018→https://www.usarice-jp.com/pro_contest_2018/
カルローズの基本の調理法カルローズの基本の調理法