プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2017年

2017年1月16日
USAライス連合会、デリ・惣菜向け「カルローズDELIメニュー」発行

フード業界向けのデリメニュー提案ブックで、デリ市場での浸透を図る
カルローズデリメニュー

メニュー開発やレストランプロモーションなどを通して、カリフォルニア生まれの中粒種「カルローズ」の日本市場におけるPR・販促プログラムを展開するUSAライス連合会日本代表事務所は、プロ向けに「カルローズ」を使用したデリメニューを提案するレシピブック「カルローズDELIメニュー」を1月末に発行いたします。
当冊子は「カルローズ」のデリメニューにおける可能性と汎用性の高さをPRするツールとして、業界関係者の方に無料で進呈いたします。

昨年はジャーサラダやチョップドサラダなどでおコメを使用した「ライスサラダ」が流行、コンビニのテイクアウト商品としても浸透するなど、おにぎりやお弁当とは違った用途で惣菜食材としてのおコメが存在感を増してきています。
昨年の「第4回カルローズ料理コンテスト」では、新設の「デリ部門」に、数々の斬新なデリメニューが集まり、実際に商品として販売された作品も登場しました。シェフからは「カルローズは炊き上がりにムラが出にくく、クオリティの管理がしやすい。仕込み量の多いデリ業態にも適している」と評価を頂いています。
今後は、惣菜、中食などの関係者に実際にカルローズDELIを試食して頂く目的で展示会にも出展、今年で第5回を迎える「カルローズ料理コンテスト」デリ部門も強化を図ります。

 

カルローズDELIメニュー

■カリフォルニア産カルローズでデリ・惣菜が変わる!
  「カルローズDELIメニュー」概要
体 裁: サイズ 縦24cm 横21cm、20ページ、カラー 【非売品】
内 容: カリフォルニア産中粒種「カルローズ」を使用したデリメニューをパッケージもあわせて提案。
SALAD, HOT DELI, SOUP, BOWL, CURRY, SUSHIの6つのカテゴリー、全16メニューをレシピ付きで紹介。
監 修: 青島邦彰氏
カフェレストランプロデュースを手掛ける(株)クーニーズ・アソシエ代表取締役社長

 

【DELIメニュー例】
ココナッツチャーハン カルローズライス ライスサラダ
海老のエスニック
ココナッツチャーハン
チキンオーバー
カルローズライス
色彩ライスサラダ&
冷たい赤い野菜のカレー

 

上記冊子をご希望の方は下記あてにご請求ください。(フード業界関係者様限定)

USAライス連合会日本代表事務所 (TEL 03-3292-5507)
 【1】ホームページから  info@usarice-jp.com
 【2】FAXによる申し込み 03-3292-5056

※万一想定を超えるお申込みがあった場合、お送りできない場合がございます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
■第4回「カルローズ料理コンテスト」2016 デリ部門の販売例
―――――――――――――――――――――――――――――
ディーン&デルーカ作田シェフ考案メニュー
●最優秀賞メニュー
ディーン&デルーカ品川店の作田シェフ考案の『サーモンとカルローズのシチューポットパイ』は、昨年の12月23・24・25日のホリデー限定メニューとして販売され、限定数約600個を完売し、大好評を得ました。
※主要都市10店舗で販売


北山匡彦シェフ考案メニュー
●優秀賞メニュー
北山匡彦シェフ考案の『いわしのコンフィとカルローズ、蟹身のトマトリゾットの湯葉巻き』は、新規オープンの「GASTRONOMIA DELI CAFE SOUZAI屋」(京都市上京区)にて1月下旬より提供されます。

▼昨年、第4回「カルローズ料理コンテスト」2016の結果
http://www.usarice-jp.com/pro_contest_2016/

今年の第5回「カルローズ料理コンテスト」2017も昨年同様「レストラン部門」に加え「デリ部門」を設けて、4月より募集を開始します。詳細は逐次USAライス連合会のWebサイトでご案内します。

 

【お問合せ USAライス連合会日本代表事務所】
 電話 03-3292-5507 FAX 03-3292-5056 メール info@usarice-jp.com
【当プレスリリースの発信元】
 広報担当:(株)プラネックス内/清(すが)  電話 03-5411-3981 メール suga@plx.co.jp

 

USAライス連合会(本部:米国バージニア州アーリントン)は、米国のコメ産業界の中核4団体で構成されている全国組織です。米国農務省の管轄のもとで活動を行う、非営利の外郭団体です。米国で生産されるおコメについての正しい理解の促進と拡販のために、各種販促活動やサポート活動をしており、輸入・販売などの商取引は一切行っておりません。

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る