プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2018年

2018年8月24日
第6回「カルローズ」料理コンテスト2018 結果発表!最終審査並びに結果発表・表彰式を実施~8月23日、於東京ガスショールーム~

最優秀賞 一般レストラン部門  最優秀賞: 山口 諒真 氏(ホテルニューオータニ レストラン SATSUKI 調理)
一般デリ部門     最優秀賞: 槍田 和司 氏(ディズニーアンバサダーホテル エンパイア・グリル)

第6回カルローズ料理コンテスト結果発表

USAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)は、カリフォルニア産の中粒種「カルローズ」を使用した、『第6回カルローズ料理コンテスト2018』の最終実技審査を8月23日に実施、各部門の最優秀賞と優秀賞が決定しました。同日、審査会場の東京ガスショールーム「厨BO!SHIODOME」(東京都港区)に於いて、結果発表並びに表彰式を行いました。
今年のテーマは”SUSHI カルローズ ニュースタイル”です。プロを対象とした「レストラン部門」と「デリ部門」、プロを目指す「学生部門」の全592作品のうち、一次審査を通過した「レストラン部門」と「デリ部門」のファイナリスト11名が最終実技審査に挑みました。学生部門は書類審査のみで、3名の優秀賞を決定いたしました。日本の伝統食「寿司」が海外でも親しまれる“SUSHI”に進化しています。「カルローズ」でSUSHIの世界を拡げる独創的なメニューが揃いました。

コンテスト特設ページ→https://www.usarice-jp.com/pro_contest_2018/

(敬称略)

【一般レストラン部門】 (応募総数:152作品)

最優秀賞 (1名)
山口 諒真
ホテルニューオータニ レストラン SATSUKI 調理
カルローズのピカタ四川風~酸味のアンサンブル~
★イタリア料理のピカタを巻きずしに見立てた冷製料理。豆板醤やニンニク、ごま油を加えたスパイシーなカルローズ
優秀賞 (1名)
松山 柊也
株式会社プリンスホテル サンシャインシティプリンスホテル バイエルン 調理
アサイーボウル風SUSHI
★アサイーボウルに見立てたSUSHI。日本米では難しいフルーツとの組み合わせが実現。


カルローズ料理コンテスト2018レストラン部門受賞作品

【一般デリ部門】 (応募総数:25作品)

最優秀賞 (1名)
槍田 和司
株式会社ミリアルリゾートホテルズ ディズニーアンバサダーホテル 調理部レストラン調理課 エンパイア・グリル
紫蘇の香る魚介のゼリー カルローズ米の手毬Sushi
★和食の素材でフレンチの調理法、ゼリーでコーティングした手毬SUSHIは一口で魚介の旨みが味わえる。
優秀賞 (1名)
渋谷 仁
フランス料理 エルルカン ビス
オレンジ果汁で炊いたカルローズ・鴨肉のバッテラ
★オレンジ果汁で炊いたカルローズを鴨肉と組み合わせた新しいSUSHI。和とフレンチの融合。


カルローズ料理コンテスト2018デリ部門受賞作品

【学生部門】 優秀賞3作品 (応募総数:415作品)

青田 百香
女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科
鯛の押し寿司 昆布出汁のエスプーマ添え (a)
青山 瑞希
日本女子大学家政学部 食物学科食物学専攻
ガパオいなり寿司 (b)
原 千里
十文字学園女子大学人間生活学部 食物栄養学科
地中海風押し寿司 (c)


カルローズ料理コンテスト2018学生部門受賞作品

※学生部門の写真は考案者のレシピをプロの料理人が再現したものです。

 

■審査員コメント
SUSHIというテーマに、日常に完成度の高いメニューが揃いました。カルローズの良さを活かし、寿司から一歩先に出た様々なアイディアが素晴らしい。デリ部門はどれも今すぐに商品化できそうな作品でした。
世界各地で様々な素材を使い、SUSHIは進化を続けています。寿司職人では発想しにくいフュージョンとしてのSUSHIに、カルローズの可能性が感じられました。SUSHIにはコメと素材の一体感が求められる難しさがありますが、これに今後も挑戦していただきたいと思います。
学生部門は、415作品と数多くの応募の中から選ばれた3作品でした。USAライス連合会はこれからもプロを目指す学生を応援し、コンテストの門を開いていきます。

当コンテストのために初来日したUSAライス連合会米国本部・インターナショナルプロモーション副会長のSarah Moran(サラ・モラン)は、参加者に感謝すると共に、「今回のコンテストを楽しみにしていました。本日試食した作品群は今までで一番美味しいSUSHIと感じました。これからもクリエイティブでイノベイティブなSUSHIに期待しています。」とコメントしました。

カルローズ料理コンテスト2018受賞者


一般部門の最優秀賞受賞者には賞金20万円、優秀賞には賞金5万円、副賞としてカルローズ10kgを進呈、また最終審査に残った入賞者全員に賞状が授与されました。学生部門の優秀賞受賞者には賞金3万円が贈られました。

■審査員: 東京すしアカデミー (株)代表取締役社長 福江誠氏/RECIPE&MARKET、L’AS オーナーシェフ 兼子大輔氏/(株) Mizkan MD本部 開発技術部 開発技術2課 兼 味確認室 永坂武寛氏/(株)クーニーズ・アソシエ代表取締役 青島邦彰氏/(株)柴田書店 浅井裕子氏/USAライス連合会
■後 援: アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)


――――――――――――――――――――――――
■その他入賞者一覧■ (五十音順、敬称略)
――――――――――――――――――――――――

【一般レストラン部門】 4作品

[1]“スープで食べる”今穫れ野菜の「散らし寿司」
   草野 雅彦 / 株式会社益正グループ 本部 常務取締役
[2]ガスパチョに見立てたばら寿司 お米のバリエーションを楽しんで
   黒田 幸裕 / リーガロイヤルホテル レストラン シャンボール
[3]ワインビネガーのシートを纏った炙りサーモンのカルローズ寿司
   吉井 康博 / 宮古島東急ホテル&リゾーツ 洋食調理部
[4]カルローズのセルクル寿司 モザイク仕立て
   吉田 光 /株式会社クリエイト・ベイサイド Mare Cucina

カルローズ料理コンテスト2018レストラン部門ファイナリスト

【一般デリ部門】 3作品

[A]松阪牛しぐれ煮と夏野菜のごちそう香味寿司ケーキ~花穂紫蘇と金箔を添えて~
  上田 茂雄/株式会社まつおか 商品本部開発部
[B]四色のちらし寿司~カルローズ米で~
  大川 将和/株式会社ミリアルリゾートホテルズ ディズニーアンバサダーホテル
          調理部レストラン調理課 エンパイア・グリル
[C]ぷちぷちカップスシ
  平光 直文、宮崎 麻衣/株式会社美ノ久 開発チーム

*一般デリ部門については、一次審査通過者は該当者1名なしのため、当初予定の6名でなく5名となりました。

 

カルローズ料理コンテスト2018デリ部門ファイナリスト

【第6回「カルローズ」料理コンテスト2018 詳細ページ】
第6回「カルローズ」料理コンテスト2018


▼応募概要
https://www.usarice-jp.com/press.php?p=6281

【お問合せ】
 USAライス連合会日本代表事務所 電話 03-3292-5507 FAX 03-3292-5056 メール info@usarice-jp.com
【当プレスリリースの発信元】
 広報担当:(株)プラネックス内/清(すが) 電話 03-5411-3981 メール suga@plx.co.jp

 

USAライス連合会(本部:米国バージニア州アーリントン)は、米国のコメ産業界の中核4団体で構成されている全国組織です。米国農務省の管轄のもとで活動を行う、非営利の外郭団体です。米国で生産されるおコメについての正しい理解の促進と拡販のために、各種販促活動やサポート活動をしており、輸入・販売などの商取引は一切行っておりません。

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る