プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2016年

2016年3月11日
USAライス連合会『FOODEX JAPAN 2016』で展示と試食サンプリングを実施

~食材としての「カルローズ」の可能性、惣菜メニューへの広がりを提案~

FOODEX JAPAN USAライス会場
アメリカ産のおコメに対する理解促進と販促・サポート活動を展開するUSAライス連合会は、幕張メッセで開催された国際食品・飲料展『第41回 FOODEX JAPAN 2016』の初日3月8日に、アメリカパビリオン内に於いて、アメリカのおコメを使用した惣菜メニュー提案と試食サンプリングを実施いたしました。

FOODEX JAPAN 惣菜メニュー FOODEX JAPAN 2016の会場 公式発表では、初日の来場者数は17,252名で昨年の15,782名を上回りました。

 

カリフォルニア産の中粒種「カルローズ」のメニュー開発や用途提案を行っている当連合会は、今年はおコメを使った様々な惣菜メニューをディスプレイで紹介いたしました。冷たくしても美味しいカルローズの特長を生かした彩り鮮やかなレイヤーサラダや冷製カレー、パエリア、ココナッツオイルを使用したヘルシーなフライドライスなど、食材としてのカルローズの新しい使い方を提案しました。

FOODEX JAPAN USAライス会場

試食サンプリングは、ドレッシングやオイルとの相性のよさを生かした“ライスサラダ”と、パラッと軽い食感の“フライドライス”を計500食提供、「おコメの用途が広がる」「ライスサラダを新メニューに取り入れたい」と好評でした。アンケートでは「カルローズは惣菜食材として使えると思う」と78%の回答があり、食材としてのカルローズの汎用性、惣菜や冷たいおコメのメニューへの展開の可能性を紹介することができました。

2016年実施のご案内はこちら

………………………………………………………………………………………………………………………………

USAライス連合会(本部:米国バージニア州アーリントン)は、米国のコメ産業界の中核4団体で構成されている全国組織です。米国農務省の管轄のもとで活動を行う、非営利の外郭団体です。米国で生産されるおコメについての正しい理解の促進と拡販のために、各種販促活動やサポート活動をしており、輸入・販売などの商取引は一切行っておりません。

■当プレスリリースに関するお問い合わせ先■
  USAライス連合会日本代表事務所    電話:03-3292-5507  メール:info@usarice-jp.com
  広報担当:(株)プラネックス内 / 清(すが)  電話:03-5411-3981  メール:suga@plx.co.jp

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る