プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2015年

2015年10月19日
カルローズ料理コンテスト 最優秀メニュー、コンラッド東京のレストラン「チャイナブルー」でスペシャルプランに登場!

 ホテル「コンラッド東京」の中国料理レストラン「チャイナブルー」では、来る11月27日(金)に、ワイナリー「Kenzo Estate」のオーナーである辻本憲三ご夫妻を招いたスペシャルプラン、【Kenzo Estate オーナーズディナー】が開催されます。この一夜限りのスペシャルディナーに、「第3回カルローズ料理コンテスト2015」で最優秀賞に輝いた同レストランの高 楊シェフによる『カルローズライスの点心』が供されます。

▼コンラッド東京HP より▼
コンラッド東京チャイナブルー
「一人でも多くの人に最高のワインを届けること」を目指し、ナパの大地にて純粋に最高のワイン造りに取り組む辻本氏のお話とともに、コンラッド東京の開業年であり、ケンゾーエステートの記念すべきファーストヴィンテージでもある、貴重な2005 年の「紫鈴」、限定マグナムボトルの「あさつゆ」、そして今秋に新しくリリースされるレイトハーベストの「夢久(むく)」を含む豪華ラインナップをご用意いたします。
またお食事は、コンラッド東京開業より腕を振るってきた料理長アルバート・ツェによる、クリエイティブで洗練されたコースに加え、去る8 月4 日に、カリフォルニア産の中粒種のお米、「カルローズ」を使ったレシピを競う、第3 回「カルローズ」料理コンテストで最優秀賞を獲得した、同レストラン高 楊シェフの「カルローズライスの点心」も楽しめる、一夜限りのスペシャルディナーをご用意いたします。

 

アメリカ産のおコメに対する認知と理解の促進を図るために広く販促・PR活動を展開しているUSAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)主催による第3回「カルローズ料理コンテスト」の今年のテーマは、“ワインに合うカルローズメニュー“でした。
最優秀作品『カルローズライスの点心5種』は、アルデンテ感のあるカルローズの歯ごたえを活かし、柔らかな蒸し点心とクリスピーな揚げ点心をそれぞれの食感にマッチする食材とソースの組み合わせで仕上げました。蒸し点心には甘口、揚げ点心には辛口の白ワインでと、1皿で異なった楽しみ方ができるオードブルです。

高楊シェフを表彰する ウィリアム・ファーマー
高楊シェフ(右)を表彰する ウィリアム・ファーマー(USAライス連合会)
カルローズライスの点心5点
最優秀賞を受賞した「カルローズライスの点心5点」


カリフォルニアの豊かな自然の中で醸された極上のワインと「チャイナブルー」の繊細なコース料理、そして同じカリフォルニア生まれの「カルローズ」を使ったオードブルという最高のマッチングが堪能できます。
プラン詳細と予約に関してはコンラッド東京のウェブサイトをご覧ください。
http://www.conradtokyo.co.jp/plan/restaurants/chinablue/1785

USAライス連合会(本部:米国バージニア州アーリントン)は、米国のコメ産業界の中核4団体で構成されている全国組織です。米国農務省の管轄のもとで活動を行う、非営利の外郭団体です。米国で生産されるおコメについての正しい理解の促進と拡販のために、各種販促活動やサポート活動をしており、輸入・販売などの商取引は一切行っておりません。

■当リリースのお問合せ先:USAライス連合会日本代表事務所 電話:03-3292-5507

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る