プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2011年

2011年12月9日
メディア試食会を開催しました 12月8日「ペローラ アトランチカ」にて

ペローラ アトランチカ
アメリカ米の普及・啓発を行うUSAライス連合会は、12月8日(木)、「ペローラ アトランチカ」にて、メディアの皆様をご招待して、カリフォルニア米「カルローズ」の試食会を実施いたしました。

会場のペローラ アトランチカは東京・表参道にあるポルトガル・マデイラ島料理専門店で、お店の人気メニュー「魚介のカタプラーナ」や、鴨ご飯などのメニューで、カルローズをご使用いただいております。

お店の人気メニュー「魚介のカタプラーナ」は、ポルトガルの伝統的な鍋料理であり、〆のリゾットとしてカルローズが使われています。
魚介のだしの味が染み出たスープと、カルローズ独特のアルデンテの食感がマッチした本場の味を、皆様に楽しんでいただきました。
そのほか、2種類のお鍋料理で〆のカルローズリゾットを、そしてデザートとして「アローシュドース」(ライスプディング)を試食していただきました。

------------
<試食会ご提供メニュー>
  ・魚介のカタプラーナ
  ・カルディラーダ
  ・トマトコジート
  ・アローシュドース
------------

「カタプラーナ」(左)とカルローズで作ったカタプラーナの〆リゾット(右)

「カタプラーナ」(左)とカルローズで作ったカタプラーナの〆リゾット(右)

 

ご参加いただいたメディアの皆様からは、次のようなコメントをいただきました。

■鍋〆のカルローズリゾットについて
・カルローズは芯がしっかり残っており、食感が生きており美味しい
・3種のお鍋のリゾットに、それぞれ違った風味の良さがあり驚いた
・日本米と比べ、ある程度時間を置いてもまだおいしいイメージがある

■アローシュドース(ライスプディング)について
・カルローズの食感と冷たいスイーツは非常に良く合う。食材の相性の良さを感じた
・ライスプディングの中に入っていても、カルローズの存在感がしっかりとある

■その他
・どの料理も美味しく、カタプラーナ、リゾット、デザート共に新鮮な発見があった
・一般家庭での活用法とも結びついており、わかりやすかった
・前回も参加したが、毎回カルローズの異なる活用法があり、新鮮な驚きがある

 

USAライス連合会では、日本市場におけるカルローズの認知拡大に向けて、流通業界ならびに一般消費者向けに様々なプロモーションを展開しています。今後も、カルローズの特長を生かしたメニュー展開をサポートするとともに、新しいおコメ料理の可能性を提案していきます。
<試食会会場>
ポルトガル・マデイラ島料理 「Perola Atlantica(ペローラ アトランチカ)」
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE4F
TEL:03-5468-0865
ホームページ:http://www.heart-link-c.co.jp/perola-atlantica/

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る