レシピ集

カンタンお手軽レシピ

ガスパチョ風カルローズサラダ

ガスパチョ風カルローズサラダ
 

岡田 綾さん(日本女子大学 家政学部 食物学科 食物学専攻)考案のメニュー。
第5回「カルローズ」料理コンテスト2017 学生部門の優秀賞レシピです。

 

材料

 

カルローズ180ml
トマトジュース165g
トマト1/2コ(80g)
きゅうり1/2本(65g)
たまねぎ中1/6コ(25g)
パプリカ(赤)1/2コ(75g)
にんにく1/2かけ(5g)
バジル(飾り)適量
調味料A
白ワインビネガー 大さじ2
オリーブ油(エクストラバージン)大さじ4
小さじ1
こしょう 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4

 

作り方

  1. 炊飯器にさっと洗ったカルローズとトマトジュースを入れて炊く。炊き上がったらボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。

  2. パプリカ、たまねぎ、きゅうりは5mm角に刻む。

  3. トマトは種の部分を取り除き7mm角に刻む。

  4. にんにくは芽を取り除きすりおろす。

  5. 小さめのボウルに、調味料Aと④を入れ、泡立て器で乳化するまで混ぜる。

  6. 別のボウルに切った野菜と⑤の調味液を加えて軽く和える。

  7. 冷やしておいたカルローズを⑥に加え、ゴムべらでよく混ぜる。

  8. 盛りつける皿の上に直径12cmのセルクルを置き、スプーンで⑦を詰めたら抜く。中央にバジルを飾る。

 

【メニューのポイント】
・冷たくしてもおいしいカルローズの特徴を生かした冷製ミールサラダ
・スペイン アンダルシア地方のスープ、“ガスパチョ”風仕立て
・さっぱりした味わいにさらっと軽いカルローズが好相性
・こだわりはトマトジュースで炊いたカルローズ
・色鮮やかな見た目にもポイント
・爽やかで暑い季節にもぴったり
・調理工程が簡単で手軽に作れる
 
カンタンお手軽レシピ一覧へ

 

 

ページトップへ戻る

 

 カンタンお手軽レシピ

ガスパチョ風カルローズサラダ

Saladガスパチョ風カルローズサラダ

岡田 綾さん(日本女子大学 家政学部 食物学科 食物学専攻)考案のメニュー。
第5回「カルローズ」料理コンテスト2017 学生部門の優秀賞レシピです。

材料

カルローズ180ml
トマトジュース165g
トマト1/2コ(80g)
きゅうり1/2本(65g)
たまねぎ中1/6コ(25g)
パプリカ(赤)1/2コ(75g)
にんにく1/2かけ(5g)
バジル(飾り)適量
調味料A
白ワインビネガー 大さじ2
オリーブ油(エクストラバージン)大さじ4
小さじ1
こしょう 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4

 

作り方

  1. 炊飯器にさっと洗ったカルローズとトマトジュースを入れて炊く。炊き上がったらボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。

  2. パプリカ、たまねぎ、きゅうりは5mm角に刻む。

  3. トマトは種の部分を取り除き7mm角に刻む。

  4. にんにくは芽を取り除きすりおろす。

  5. 小さめのボウルに、調味料Aと④を入れ、泡立て器で乳化するまで混ぜる。

  6. 別のボウルに切った野菜と⑤の調味液を加えて軽く和える。

  7. 冷やしておいたカルローズを⑥に加え、ゴムべらでよく混ぜる。

  8. 盛りつける皿の上に直径12cmのセルクルを置き、スプーンで⑦を詰めたら抜く。中央にバジルを飾る。

【メニューのポイント】
・冷たくしてもおいしいカルローズの特徴を生かした冷製ミールサラダ
・スペイン アンダルシア地方のスープ、“ガスパチョ”風仕立て
・さっぱりした味わいにさらっと軽いカルローズが好相性
・こだわりはトマトジュースで炊いたカルローズ
・色鮮やかな見た目にもポイント
・爽やかで暑い季節にもぴったり
・調理工程が簡単で手軽に作れる