レシピ集

カレーコンテストレシピ

まるごと1個のレタスを使ったカレー餡かけ炒飯

ハンドルネーム:お気楽キャンプ料理人  たけさん まるごと1個のレタスを使ったカレー餡かけ炒飯
 

カルローズの中粒種米で炒飯を作るとパラパラになります。丸ごと1個のレタスを茹でて添えてみました。
カレー餡がたっぷりかかったレタスで包むようにして炒飯を食べると本当に美味。
炒飯を薄味で作るのがこの料理のポイントです!  お箸でどうぞ。

 

材料

■分量:2人分調理時間:20分以内

 

【炒飯】
カルローズ(生米)2カップ
叉焼40g
人参・生姜10g
インゲン4本
ミニトマト3個
玉子2個
サラダ油大さじ2
塩胡椒少々
【カレー餡】
鶏ガラスープ2カップ
カレー粉大さじ2
練り白ごま小さじ1
薄口醤油小さじ1
片栗粉1/2カップ
適量
【茹でレタス】
レタス(小)2個
小さじ1
サラダ油大さじ2

 

作り方

  1. 【カレー餡】

    鍋に鶏ガラスープを入れ弱火で沸騰させます。

  2. 沸騰したらカレー粉を入れ練り白ごま・薄口醤油を加え5分ほど煮てください。

  3. 火を止めて片栗粉を入れとろみをつけます。塩で味を調えます。

  4. 【炒飯】

    叉焼、人参、インゲン、トマトは5mm角に切り、生姜はみじん切りに。

  5. ご飯は堅めに炊き蒸らしたら、玉子2個を入れ混ぜご飯にします。

  6. フライパンを強火にし油を入れ生姜を加えて香りを出します。

  7. 叉焼、人参、インゲンをいれて炒めます。火が通ったら器に移します。

  8. 再度、油を入れご飯を炒めます。パラパラになったら器の具を戻し炒めます。

  9. トマトを加え軽く炒めかるく塩胡椒します。

  10. 【茹でレタス】

    大きな鍋にたっぷりの湯を沸かします。塩を加えます。

  11. サラダ油を入れて手で千切ったレタスを投入してください。(30秒)

  12. レタスがしんなりしたらザルに移しお湯を切ります。

  13. 【盛り付け】

    大皿に炒飯を盛り付けます。

  14. レタスを横に盛り付け、カレー餡をかければ出来上がりです。

 

※このレシピは「カルローズ 夏カレー eレシピコンテスト2011」応募者のものです。一般の方のレシピをほぼそのまま紹介していますので、調理の際はあくまでも参考としてご覧ください。
 
カレーコンテストレシピ一覧へ

 

 

ページトップへ戻る

 

 カレーコンテストレシピ

まるごと1個のレタスを使ったカレー餡かけ炒飯

Fried rice/Pilafまるごと1個のレタスを使ったカレー餡かけ炒飯

カルローズの中粒種米で炒飯を作るとパラパラになります。丸ごと1個のレタスを茹でて添えてみました。
カレー餡がたっぷりかかったレタスで包むようにして炒飯を食べると本当に美味。
炒飯を薄味で作るのがこの料理のポイントです!  お箸でどうぞ。

材料

■分量:2人分調理時間:20分以内
【炒飯】
カルローズ(生米)2カップ
叉焼40g
人参・生姜10g
インゲン4本
ミニトマト3個
玉子2個
サラダ油大さじ2
塩胡椒少々
【カレー餡】
鶏ガラスープ2カップ
カレー粉大さじ2
練り白ごま小さじ1
薄口醤油小さじ1
片栗粉1/2カップ
適量
【茹でレタス】
レタス(小)2個
小さじ1
サラダ油大さじ2

 

作り方

  1. 【カレー餡】

    鍋に鶏ガラスープを入れ弱火で沸騰させます。

  2. 沸騰したらカレー粉を入れ練り白ごま・薄口醤油を加え5分ほど煮てください。

  3. 火を止めて片栗粉を入れとろみをつけます。塩で味を調えます。

  4. 【炒飯】

    叉焼、人参、インゲン、トマトは5mm角に切り、生姜はみじん切りに。

  5. ご飯は堅めに炊き蒸らしたら、玉子2個を入れ混ぜご飯にします。

  6. フライパンを強火にし油を入れ生姜を加えて香りを出します。

  7. 叉焼、人参、インゲンをいれて炒めます。火が通ったら器に移します。

  8. 再度、油を入れご飯を炒めます。パラパラになったら器の具を戻し炒めます。

  9. トマトを加え軽く炒めかるく塩胡椒します。

  10. 【茹でレタス】

    大きな鍋にたっぷりの湯を沸かします。塩を加えます。

  11. サラダ油を入れて手で千切ったレタスを投入してください。(30秒)

  12. レタスがしんなりしたらザルに移しお湯を切ります。

  13. 【盛り付け】

    大皿に炒飯を盛り付けます。

  14. レタスを横に盛り付け、カレー餡をかければ出来上がりです。

※このレシピは「カルローズ 夏カレー eレシピコンテスト2011」応募者のものです。一般の方のレシピをほぼそのまま紹介していますので、調理の際はあくまでも参考としてご覧ください。