業界情報

プロのシェフのためのカリフォルニア生まれの新感覚ライス「カルローズ」料理コンテスト 最優秀賞は、林 武人シェフの「Surprise~シュープリーズ~」に決定

 USAライス連合会では、プロのシェフの方を対象とした「カルローズ」料理コンテストを開催し、2013年5月1日~6月28日の応募期間に、カルローズの特長を生かしたオリジナルレシピ199作品の応募をいただきました。
 7月9日の書類審査(一次審査)を通過した9作品が、7月30日の実技審査(最終審査)に進みました。審査員6名により厳正な審査が行われ、以下のとおり受賞作品が決定いたしました。なお、表彰式は8月6日(火)に外食産業関係者の方々を対象とした「カルローズ」外食セミナー内で実施いたしました。

コンテスト受賞者

(敬称略)

 

  • 最優秀賞
  • 最優秀賞

    Surprise~シュープリーズ~

    林 武人
    「ナチュラルセンス いのせ」 (茨城県筑西市)
    レシピを見る

Surprise~シュープリーズ~

 

  • 優秀賞
  • 優秀賞

    焼杉の香る枝豆とチョリソーのリゾット
    アナゴの照り焼きとクリスピーカルローズと一緒に

    小柏 進
    「エンパイアグリル」ディズニーアンバサダーホテル(千葉県浦安市)
    レシピを見る

焼杉の香る枝豆とチョリソーのリゾット アナゴの照り焼きとクリスピーカルローズと一緒に

 

  • 優秀賞
  • 優秀賞

    カルローズの入った丸なすのムサカ風グラタン

    五木田 正刀
    際コーポレーション(東京都目黒区)
    レシピを見る

カルローズの入った丸なすのムサカ風グラタン

 

  • 特別賞
  • 特別賞

    カルローズの揚げ出し たまごかけ風

    杉浦 竜介
    「和(なごみ) ひらき やま音」(京都府宇治市)
    レシピを見る

カルローズの揚げ出し たまごかけ風

 

 

審査員総評

グランドプリンスホテル高輪・新高輪 総料理長 伊藤 俊幸 氏

伊藤総料理長

 私が当初考えていたより、皆さん工夫してきていたと思います。がんばっていました。
皆さんそれぞれ練習もしたと思いますが、どの作品も想像以上の出来映えでした。おコメの使い方をきちんと把握した作品ばかりでした。
 私は、このようなコンテストは60%以上が主材料でなくてはいけないと思っています。優勝者メニューはそれにうまく合っていました。だんごのようにして、中に具材を入れて、スープというかソースをかけたというのは、カルローズ米の「香りや味をよく吸収する」という特長が良く出ていたと思います。

 

コンテストを動画で見る(Youtube)

  • コンテストを動画で見る
    コンテストのダイジェスト
  • コンテストを動画で見る
    受賞者のインタビュー

 7月30日(火)、東京都港区の東京ガス業務用厨房ショールーム「厨BO!SHIODOME」にて最終実技審査が行われ、受賞作品が決定いたしました。
 当日は、9時15分の開会式後、書類審査通過者9名が順次持ち時間1時間半を使って調理し、審査員の前で作品についてプレゼンテーション、審査員6名による試食・審査会議を経て、15時半の閉会式にて結果発表、という流れで進みました。
 9作品は、どれもカルローズの特長を生かしたオリジナリティあふれるメニュー、かつ魅力ある美味しさで、審査は難航しました。当初の予定の最優秀賞1名、優秀賞2名には収まりきらず、今後広く活用されると期待できる作品に対し、特別賞1名を設けることとしました。
 表彰式は8月6日(火)に外食産業関係者の方々を対象とした「カルローズ」外食セミナー内で実施いたしました。また、同セミナーでは、最優秀賞メニューを含めカルローズを使ったメニューのご試食をご試食いただきました。

審査風景
審査風景

 

 

審査スケジュール

書類審査(1次審査) 2013年7月9日(火) ※終了しました
実技審査(最終審査) 2013年7月30日(火) ※終了しました
受賞者の表彰式 2013年8月6日(火)14:00~ グランドプリンスホテル新高輪 ※終了しました
※「カルローズ」外食セミナー内にて開催 

 

惜しくも受賞は逃しましたが、最終審査まで残った方はこちら (五十音順・敬称略)

畑のバター アボカド炒飯 
揚げカリフォルニアアーモンド添え

上田 忠義
「NKSアルビオン白金」エヌケイサービス株式会社(東京都港区) レシピを見る
畑のバター アボカド炒飯 揚げカリフォルニアアーモンド添え

燻製カルローズ米の海鮮王冠 
香りサラダ仕立て ガーリックドレッシング

小室 雄亮
「中国料理チャイナルーム」グランドハイアット東京ホテル(東京都港区) レシピを見る
燻製カルローズ米の海鮮王冠 香りサラダ仕立て ガーリックドレッシング

真ダコの軽い燻製とウイキョウ、カルローズのサラダ 
冷製カルローズのズッパ仕立て

中村 雄
「マーノ・エ・マーノ」アクアプランネット(東京都豊島区) レシピを見る
真ダコの軽い燻製とウイキョウ、カルローズのサラダ 冷製カルローズのズッパ仕立て

ズワイ蟹と挽肉のカルローズスティックフライ

本間 晃司
グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区) レシピを見る
ズワイ蟹と挽肉のカルローズスティックフライ

カルローズのパフェ

吉田 美生
フリーランス フードスタイリスト・ケータリング(東京都目黒区)レシピを見る
カルローズのパフェ
募集要項
1.募集内容 温製、冷製どちらにも使える「カルローズ」の特長を生かした、オリジナリティあふれるレシピを募集します(スイーツは含まず)。
→カルローズの特長はこちら
2.応募資格 飲食物を提供するフードサービスに従事しているプロフェッショナルな方
3.応募条件 (1)「カルローズ」を必ず使用してください。ブレンドせず、100%カルローズをお使いください。
(2)作品は未発表のもの(今後発売、あるいは発売予定のものは可)
(3)応募作品は1時間30分以内で制作できるもの
(4)お1人様3点までご応募いただけます
(5)応募作品の映像・出版物その他への使用権は、主催者に帰属します
4.応募期間 2013年5月1日(水)~2013年6月28日(金) *当日消印有効
5.応募方法 応募用紙をご用意しています。こちらからダウンロードしていただくか、事務局までお電話またはメールでご請求ください。
応募用紙に必要事項をご記入のうえ、作品の写真を添付して、事務局までご郵送ください。応募用紙は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
6.審査方法 書類審査ならびに実技審査を行います。

書類審査(1次審査)
応募作品の中から計8点を選出いたします。書類審査を通過された方には、7月中旬までに書面にてご連絡いたします。

実技審査(最終審査)
書類審査通過作品を実際に制作していただきます。実技審査および結果発表は7月30日(火)に実施いたします。

実技審査・表彰式の会場
東京ガス業務用厨房ショールーム「厨BO!SHIODOME」
(東京都港区東新橋2-14-1 NBFコモディオ汐留2階)
http://eee.tokyo-gas.co.jp/chubo-sr/access/
*実技審査の会場までの交通費を事務局にて一部負担いたします。
7.審査員 グランドプリンスホテル高輪・新高輪 総料理長 伊藤 俊幸 氏
Le Mange-Tout(ル・マンジュ・トゥー)オーナーシェフ 谷 昇 氏
(株)クーニーズ・アソシエ 代表取締役 青島 邦彰 氏
(株)柴田書店 浅井 裕子 氏
アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)
USAライス連合会
8.賞・賞品 最優秀賞1名:賞金30万円
優秀賞2名:賞金5万円
*受賞作品は、当連合会のウェブサイトやニュースレター、業界専門誌などで、多くの方にご紹介いたします。
9.カルローズサンプル サンプルのお申込みは終了いたしました。
「カルローズ」のサンプルを先着100名様にご用意しています。
郵便番号、住所、氏名、TEL、「カルローズサンプル希望」を明記の上、下記の事務局までFAXまたはメールにてご請求ください。
10.カルローズメニュー参考資料 審査員メンバーの谷昇シェフと青島邦彰氏が開発したカルローズのメニューを、こちらからご覧いただけます。
→カルローズメニュー参考資料をPDFで見る
11.応募・お問合せ先 「カルローズ」料理コンテスト事務局
住所:〒113-8477 東京都文京区湯島3-26-9 イヤサカビル 柴田書店内
電話番号:03-5816-8255(10〜17時 土日祝日を除く)
FAX番号:03-5816-8272
メールアドレス:contest@shibatashoten.co.jp
12.主催 主催:USAライス連合会 日本代表事務所
後援:アメリカ大使館
協力:(株)柴田書店

 

ページトップへ戻る