プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース 2013年

2013年4月11日
『第16回 ファベックス2013』出展レポート

アメリカのおコメ「カルローズ」の新しい外食・惣菜メニュー提案に高い関心
ファベックス2013出展風景

アメリカ産のおコメに対する認知と理解の促進を図るために販促・PR活動を展開しているUSAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)は、去る4月3日~5日、東京ビッグサイトで開催された 中食・外食産業の専門展『第16回 ファベックス2013』(来場者数3日間合計71,157名)に出展し、「カルローズで外食・惣菜メニューが変わります」をテーマに、カリフォルニア産中粒種カルローズの新しい用途やメニューをご紹介しました。

世界各国に輸出されているカリフォルニア生まれのカルローズは「軽い食感」「冷たくしても美味しい」「ドレッシングやオイルとの相性が良い」などの特長を持ち、サラダの素材や食材として、野菜感覚で料理に使用できる汎用性の高いおコメです。
当連合会は、「かる~いおコメ、たのしいおコメ」をキーワードにカルローズのPRを実施しており、その一環として、今回は、サラダ感覚でヘルシーなカルローズの各種メニューをご紹介しました。
ファベックス2013試食品

試食では、冷たいスープと組み合わせた新感覚のメニュー「冷たいカルローズのグリーンカレー」を中心に、カルローズの食感をお試し頂ける「ターメリックライス」と「白飯」を用意し、3日間で約2600人の来場者の皆様にご試食頂きました。ご試食を頂いたほとんどの皆様からは、カルローズの食感と新しい味の組み合わせに高い評価を頂き、外食メニューや惣菜商品として、女性向けに可能性がある、夏のメニューに最適などの意見が寄せられました。

ファベックス2013提案メニュー 外食・惣菜企業向け提案メニュー
(上段) カルローズの前菜やミニサラダ提案
(中段) 冷たいスープ&カルローズ
・春野菜ライスと冷たいクラムチャウダー
・赤野菜ライスと冷たいボルシチ
・緑黄色野菜ライスとベジタブルグリーンカレー
(下段) カルローズのライスサラダ
・葉野菜と木の実のライスサラダ
・赤ワインライスのサラダ
・赤や緑のライスサラダ など

 

USAライス連合会では、ファベックスにおける皆様からの高いご関心を受け、カルローズの販促プログラムとして、外食・惣菜関係企業様向けの個別試食会やメニュープロモーションなど、さらなる各種サポート活動を実施していきます。

■当プレスリリースに関するお問い合わせ先■
 USAライス連合会日本代表事務所 電話:03-3292-5507 メール:info@usarice-jp.com
 広報担当:(株)プラネックス内 / 清(すが) 電話:03-5411-3981 メール:suga@plx.co.jp

 

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る